日本振興銀行

Closed

西暦2010年9月10日、日本振興銀行が信じられないことに破綻という事態に陥った。この破綻によって、ついにペイオフ(預金保護)が発動した。これにより、約3%(全預金者に対する割合)とはいえ数千人の預金が、上限額適用の対象になったのではないだろうか。

【用語】外貨預金というのは銀行で扱う外貨商品の一つのこと。外国の通貨で預金する。為替レートの変動によって発生する利益を得られるけれども、同時に差損が発生するというリスクもある(為替リスク)。

つまり「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」の3つの機能を銀行の3大機能と呼び、基本業務である「預金」「融資」「為替」、最も肝心なその銀行自身の信用によってはじめて実現できているといえる。

知ってますか?外貨預金とは?⇒銀行が取り扱っている外貨建ての資金運用商品である。外国の通貨で預金する。為替の変動による利益を得られる可能性がある反面、同時に差損が発生するというリスクもある(為替リスク)。

この「失われた10年」というキーワードは、ある国そのものやひとつの地域における経済がおよそ10年以上の長きに及ぶ不況そして停滞に襲い掛かられた10年のことを指す語である。
クレジットカード 審査

予定外の出費

Closed

昨日友達の用事に付き合いながらショッピング。
最初は靴・バッグが欲しいからいいものあったら買おうかなーなんて思ってたのですが、リニューアルオープンしたお店で見つけたお財布がものすごく可愛くて一目惚れ!
本の形をしていて、クラシカルな雰囲気。そのシリーズでパスケース・ポーチ・バッグが出てました。でもわたしはお財布以外に目が行かず。
欲しいけど本来の目的と違うし…と思って他のお店も見てみることに。
他のお店でかわいいバッグ発見!靴はお気に入りになりそうなのがないし、買ってしまおうかと思ったけど、もうちょっとバチーン!とハマるものがないかとうろうろ。
結局そのお店でも買うことはなく、移動してドンキでウロウロしてた時にそういえば化粧品変えたかったんだよなーと思って、全く予定も想定もしていなかった化粧品数点を買ってしまいました。
本当に計画性がないなぁと思い知った日でした。
でも近々本当に靴とバッグは買わなくてはいけません。服装にあった物を探すのって難しいな。結構バラバラだから。

収入証明不要

金融仲介

Closed

結局「金融仲介機能」、「信用創造機能」そして3つめの「決済機能」、これら3つの機能をあわせて銀行の3大機能と呼び、基本業務である「預金」「融資」「為替」それにその銀行自身の信用によって実現できているものなのである。

そのとおり、第二種(第一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者が投資信託などファンドを発売し、適切に運営するためには、想像できないほど本当に多さの「やるべきこと」、逆に「やってはいけないこと」が規定されていることを忘れてはいけない。

平成10年6月に、当時の大蔵省の金融部局であった銀行局や証券局等が所掌していた事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係る部分を区分して、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく新たな外局として金融監督庁というこれまでになかった組織をつくったのだ。

おしゃるとおり「重大な違反」になるかそうでないかは、金融庁において判断することであり、たいていの場合、微々たる違反がだいぶあり、それによる関係で、「重大な違反」判断を下すということ。

名言「銀行の経営なんてものはその銀行に信用があって軌道にのるか、融資するほどの価値がない銀行であるという見方をされたことで失敗する、このどちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏の言葉を引用)

いわゆるペイオフって何

Closed

いわゆるペイオフって何?防ぎきれなかった金融機関の経営破綻による倒産などに伴い、預金保険法の定めにより保護できる預金者(法人・団体も含む)の預金債権について、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事である。

まさに世紀末の平成12年7月、大蔵省(当時)から金融制度の企画立案に係る事務を移管しそれまでの金融監督庁を金融再生委員会の指揮監督する金融庁として組織を変更。21世紀となった2001年1月、金融再生委員会は省庁再編により廃止し、現在の内閣府直属の外局となったのです。

覚えておこう、バブル経済(80年代から91年)とは?⇒市場価格の動きが大きい資産(不動産や株式など)の市場での取引金額が無茶な投機により成長(実体経済の)を超過したにもかかわらず高騰し続け、とうとう投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態。

2007年に誕生したゆうちょ銀行によって取り扱われている貯金などのサービスは平成19年に廃止された郵便貯金法の規定に基づいた「郵便貯金」の定義による取り扱いではなく、一般的な金融機関と同じ、銀行法によって定められた「預貯金」を適用した商品である。

保険業法(改正平成7年)の定めに基づき、保険を取り扱う会社は生保を扱う生命保険会社か損保を扱う損害保険会社、2つのうちどちらかに分かれ、どちらの会社も内閣総理大臣から免許(監督および規制は金融庁)を受けている会社のほかは行えないのです。

きちんと知っておきたい用語

Closed

きちんと知っておきたい用語。ペイオフの意味は予期せぬ金融機関の経営破綻による倒産のとき、金融危機に対応するための法律、預金保険法により保護する預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権(預金保険法の用語)について、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う事なのです。

いわゆるデリバティブについて。伝統的なこれまでの金融取引や実物商品または債権取引の相場変動を原因とするリスクをかいくぐるために生み出された金融商品のことでして、金融派生商品といわれることもある。

いわゆる外貨MMFとは?⇒現在、国内で売買してもよいとされている外貨商品である。外貨預金に比べると利回りがよく、為替の変動によって発生した利益が非課税というメリットがある。証券会社で購入できる。

特別の法律により設立された法人である日本証券業協会、ここでは証券会社等の有価証券などの売買等といった取引等を公正、さらには円滑にし、金融商品取引業界全体の堅実な振興を図り、投資者を守ることを協会の目的としている。

知ってますか?外貨預金のメリットデメリット。銀行で扱う外貨商品の一つを指し、外国の通貨によって預金する。為替変動によって利益を得ることがあるけれども、同じ原因で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。